意外と知らない落とし穴

借り換えの落とし穴 具体例

意外と知らない借り換えする時の落とし穴を紹介します。
借り換えの審査が通らなかった、融資額が満額おりなかった方の大半は銀行選びが間違っています。
現在の状況をしっかりと確認して審査の通りやすい銀行を選定することで借り換えすることが可能です。
下記の内容に当てはまる方は、是非弊社へご相談ください。

仕事の職務の問題

非常に不公平なことだが、純粋に年収だけではなく実際に働かれている職務内容によっても審査の内容は変わってきてしまう。では「事務」と「ドライバー」どちらの方が審査が有利だと思う?

>> 詳しく読む
国民年金の未納

年金の納付はもはや国民の義務。会社員の場合は会社が勝手に引き落としてくれるから特段問題はない。しかし自営業の方は・・。色々な意味で自分の老後とシビアにむきあうことが必要だ。

>> 詳しく読む
親戚が会社の代表

「叔父の会社で働いている」そんな方も少なくないはず。なぜそうであると審査が厳しくなってしまうのだろうか。万が一傾いてしまったときは?そう、これもなかなか厳しいリアルな現実なのだ。

>> 詳しく読む
土地が借地である

借地権付で住宅を購入。その時からある程度のリスクは感じていたはず。地主さんとの関係は?借り換えをうまくするために、まず地主さんに菓子折りでも持っていこう。あとは銀行の選び方次第だ。

>> 詳しく読む
登記上違法建築になっている

違法建築、聞こえの悪い響き。しかし「合法」なのか「違法」なのかは紙一重。建蔽率や容積率がひとつの判断基準だが、その割合次第では借り換えをあきらめてはいけない。泣き寝入りするべからず

>> 詳しく読む
相談はこちら